“児島:若いクリエイターを支援するために、新人デザイナーの登竜門として毎年ファッションコンテスト「装苑賞」を実施しています。さらに若手クリエイターを支援する展示会「SO-EN WHITE」や「アクセサリー蚤の市」もあります。今後、それをさらに発展させていきたいです。文化学園にある出版局なので、学生には良い経験として、メーカーの方には若い考えを参考としてもらえるような、学生を巻き込んだイベントをやりたいです。”

日本のファッション業界全体に、若い才能を育てようという気持ちがなくなってしまったのかもしれませんね。以前は、繊維会社や商社などが資金的に余裕があり、たとえば一生さんも初期の頃は東レの支援を受けたりしていたと思います。けれども今は、アパレル、繊維、小売り、商社など、どこの会社も余裕がなくなり、早急に結果を出す、しかも数字で出す、ということにとらわれているところが圧倒的です。

でも、才能を育てるというのは、時間もかかりますし、リスクも負わなければいけない。そういうリスクを負ってまで、自分が見込んだ人に投資する、という風潮はすっかり影を潜めました。

“その後、バブル崩壊以後、特に2000年以降、(すべての方ではありませんが)デザイナーの価値観は、「おカネのために自分の信念を曲げたくない」、あるいは、「小さくてもいいから、納得するものをちゃんと作れればいい、不必要にどんどん大きくしたくないし、ポルシェも別荘もいらない」というふうに変わっていきました。”
“ジョフィ氏は詳細な数字を開示しなかったが、コム・デ・ギャルソンの中国唯一の主要店舗である北京店の売上高は昨年35%増加したと述べた。昨年の同社の世界売上高は前年比9%増の2億3000万ドルだった。”
“yoox.com
「Fashion Luna Park」
日本上陸10周年を記念してyoox.com日本初のポップアップストアが9/5〜9/84日期間限定で表参道にオープン。会場にはムービーインスタレーションやインタラクティブミラーなど興味深いアトラクションが盛りだくさん。先着1000名様には20%OFFyooxコード付マスケラをプレゼントも!”
“「欧米のブランドは大まかに言ってタイプが2つに分かれる。一つはトップにカリスマデザイナーが君臨するオートクチュールの一群と、SPA(製造小売り)系のファストファッションブランドだ。一方、日本のファッション産業は特殊。国内では万単位のブランドが百貨店やショッピングセンターの陣取り合戦を繰り返し、『レッドオーシャン』で消耗戦を繰り広げている」(田野氏)。”
“私は、麻雀という競技は仕事と同じく、
「右脳と左脳のキャッチボール」
(三木谷さんの名言)だと思ってます。”