こうした場合、経営論のセオリーで言えば、リスクの高いたこ焼き業態はほどほどに、他の飲食業態にも進出して、拡大していくのが飲食チェーンの経営戦略の王道だ。しかし、たこ焼きにこだわる銀だこは違った。「タコのリスクは、自らのタコで回避する」べく、商社任せの調達から、タコの自社調達にかじを切ったのだ。  

世界中の海から契約漁業でタコを調達。なんと、タコをとらない、食べない国に対しても、タコのとり方をゼロから指導して、世界中でタコ漁を展開した。たこ焼き屋がアフリカの僻地まで行ってタコ漁業を指導したわけだ。加工用には、国内工場で体制を整えた。さらには、本格的には世界で初めて宮城県・石巻市でタコの養殖体制まで整えた。

“「スーパーストアコンテスト」の開催は今年で3年目。利用者による人気投票で世界ナンバーワンの新セレクトショップを決める独自のコンテストで、世界28ヵ国のショップが参加し2000ブランド12万点以上の商品を扱う「ファーフェッチ」のネットワークを生かし、最終選考に残るセレクトショップを選出している。2014年は、「ハイプビースト(Hypebeast)」創設者のケヴィン・マー(KEVIN MA)やニック・ウースター(NICK WOOSTER)ら5名のアンバサダーとともに「リステア」をはじめとする最終候補ショップを選出。8月20日~9月2日までの期間約10万の利用者投票の末、「リステア」の優勝が決まった。最終選考にノミネートしたのはリステアのほか、南アフリカのマーチャント・オン・ロング(MERCANTS ON LONG)、メキシコのコモン・ピープル(COMMON PEOPLE)、中国・上海のアルター(ALTER)、韓国・ソウルのクーンウィズアヴュー(KOON WITH A VIEW)、ドバイのマハニ(MAHANI)。”
“Facebookなど様々な企業の役員を務め、テック界の未来予言者であるマーク・アンドリーセン氏は、「もうPV(アクセス数)やUU(訪問者数)を分析するのは時間の無駄だ!」と名言していますが、AJAXやJavascriptなどリロードしなくても、コンテンツがどんどん読み込まれる仕組みが普及しているため、これからどんどんPVの重要性は低下していくのは間違いありません。”

大野(敬称略) アパレル小売業界にZOZOTOWNがもたらしたものは非常に大きく、それを凌駕する革新を起こすのは難しいといわれています。その理由は、革新を起こす主役であるエンジニアにとって参入しにくい壁があるからです。

1つめの壁はこの業界のビジネスモデルや商習慣。アパレル小売業はメーカーから通常約60~70%の価格で商品を仕入れ、販売する際に小売マージンをいただくというものですから、在庫を持たず人件費のみで粗利率が80%になるウェブコンテンツビジネスのようなモデルにはなり得ません。エンジニアからみて興味深い業界かというとそうはなりにくいでしょう。

2つめの壁は、ファッションへの愛情が極めて重要であること。昔はストリート系やギャル系等のいわゆる「流行」がありましたが、近年エンドユーザーの趣向が細分化されておりその概念が薄くなりつつあります。そのような状況で洋服を売るためには特に時流を捉え、それを踏まえて陳列する商品から陳列の仕方、実店舗やEコマースサイトの演出を細やかに変化させる必要があります。そのためにはファッションに対する愛情が欠かせません。またそれがなければ、仕入先とのリレーションの構築も難しいでしょう。

3つめの壁は、ウェブとアパレルの相性の難しさ。一時期、モバイルコマースに期待が集まりアパレルの商品を扱うITベンチャーも現れましたが、利用者を集めているのは単価の低い商品を扱うか、もしくはタイムセールなどのフラッシュマーケティングを行うサービスです。購入者にとっては安く買えて、メーカーにとっても消費者に手にとってもらえる機会となるので一概には言えませんが、メーカーからすればこれでは薄利多売でブランドを毀損するリスクもあります。ですから、一定の需要は確かにあるもののもっと根本的な解決を考えたいというメーカーの担当者はいます。

――革新が起きないことによる弊害は。
大野 メーカーが作った良質な洋服を、適正な価格で小売が販売し、それを消費者が手に取るという当たり前の環境がなくなってしまうことです。特にいまは中小のメーカー・小売にとっては競争環境が非常に厳しい状況にありますので、消費者に対して魅力をより訴求するための環境を整える革新が、今まで以上に求められています。

とある父親が、「10代の娘になぜ妊婦向けのクーポンを送ってくるんだ!」とターゲットに怒鳴り込んだのである。

 結局、この娘は本当に妊娠しており、後に父親はターゲットに謝った。しかし、なぜ親さえ知らない娘のプライベートな事情をターゲットが知り得たのだろうか。

 娘が、マタニティー用品をターゲットで買ったことがあるわけではない。しかし、過去の膨大な購入データを関連づけて解析すると、例えば無香性のクリームや牛乳といったような、一見関係のなさそうな品目の購入履歴から妊娠の確率の高い人を割り出すことは簡単にできる。

初のペイオフ発動を招いた日本振興銀行の破綻から早4年、木村剛元会長の周辺がまたもや騒がしくなってきた。実質経営者として関与する外国人留学生向けサービス会社数社が8月に入り慌ただしく社名を変更、なぜか中核会社の法人格を入れ替えるなど、不穏な動きが目立つのだ。

どうやら、とあるミニコミ紙による「ビザ売買容疑」の追及記事が発端らしい。 金融庁検査を妨害した銀行法違反事件で逮捕された木村元会長が保釈保証金1千万円を納付し保釈されたのは2010年12月のこと。その直後から復活を目指す動きは始まった。中核の「A Power Now」が資本金1千万円で設立されたのは2カ月後。さらに同社の出資により「A Power Home」が立ち上げられ、「A Power Trading」(後にA Power Job)や「ローン相談所」(後にA Power Academy)といった会社が後に続いた。

“時期ごとの傾向はほぼ同じであるものの、自社ECと比べて明らかにリピート率が低い。先述したように、オファーや製品、対応スタッフなどはすべて同じです。う~~ん、こんなに低いとは。予想以上でした。 まぁ4~5か月待てば38%がリピートしますから、平均リピート率は36%という調査もあるわけだし、悪くはないのでしょうか?平均より上回っていようが、下回っていようが、何の意味もないんですけどね…。
ちなみにZOZOTOWNはリピート率53%、ZAPPOSは75%、ロコンドさんもなんと70%ということでした。”
“1~3週間はほぼリピートなし。4~10週間の間に20%の人がリピートし、11~24週間で40%がリピート、25週間以上経過すると50%がリピートすることが分かります。
初回の購入後、半年以上経過してからようやく2回目の購入をする、という人が10%もいるということがやや驚きです。ちなみに商材的には1~2か月ほどで使い切るものなので、ほかにもいろいろ試してから戻ってきている、と考えられます。”

なお、商標の国際登録にかかる費用は、特許庁へ納付する手数料が一件当り9,000円で、これに基本手数料および一指定国ごとにかかる付加手数料、3区分を超える登録にかかる追加手数料、付加手数料及び追加手数料に代えて個別手数料の受領を宣言している締約国を指定する場合は個別手数料の支払が必要となる。

特許庁手数料9000円+基本手数料+(付加手数料×指定国数)+(追加手数料×区分数:3区分以上1区分ごと)
or
特許庁手数料9000円+基本手数料+個別手数料

・商標が白黒の場合の基本手数料:653スイスフラン
・商標がカラーの場合の基本手数料:903スイスフラン
・付加手数料:一指定国ごとに100スイスフラン
・追加手数料:3区分を超えた場合1区分ごとに100スイスフラン
・個別手数料:各締約国ごとに定める額